『簡単でヘルシー!えのきと豚肉のレンチン蒸し』~パパのお手軽レシピ #16~

  1. HOME >
  2. HOT >

『簡単でヘルシー!えのきと豚肉のレンチン蒸し』~パパのお手軽レシピ #16~

Terry Naniwa

Terry Naniwa

編集・ライター稼業に従事すること30余年。 子育ては卒業も、新米パパ&ママに先人の教えや 大切な伝統を発信することをライフワークに活動中。 明治、昭和、平成と時をこえて今も息づく暮らしの知恵を 届けます。

パパのためのクッキングレッスン第16回は『簡単でヘルシー!えのきと豚肉のレンチン蒸し』です。梅雨時の健康対策に効果を発揮してくれる豚肉を、電子レンジだけで簡単においしい料理にしてくれるヘルシーなレシピです。特製の「ポン酢たれ」で食べれば、家族もはじける笑顔になり、パパの株もさらにアップしますよ。今回もお味の評価は「子どもに贈りたい珠玉の絵本」担当の“みうママ”がしっかりジャッジしてくれます。さあ出来映えはいかかでしょうか。

「簡単でヘルシー!えのきと豚肉のレンチン蒸し」の材料

(2人前)

・豚バラ肉……150g

・えのきだけ……1袋(200g)

・酒……大さじ1杯(15cc)

・鶏ガラスープの素……小さじ1杯(5g)

~特製たれ~

・ポン酢……大さじ4杯(60cc)

・砂糖……小さじ1杯(5g)

・ごま油……大さじ1杯(15g)

・白煎りごま……大さじ1杯(15g)

・小口ねぎ……10g

「簡単でヘルシー!えのきと豚肉のレンチン蒸し」のレシピ

1.  えのきだけの石づきを落としてから、半分の長さに切ります。

2. ていねいに ほぐしてから、耐熱皿全体に広げて盛りつけます。

3.  豚バラ肉を重ならないようにえのきの上に乗せてから、その上に残りのえのきを添えます。

4.  酒を容器に入れ、鶏ガラスープの素を加え、しっかり混ぜてから、3にふりかけます。

5.  耐熱皿にラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で5分加熱します。

(500Wの場合は6分弱を目安に)

6.  容器にポン酢、砂糖、ごま油、白煎りごまを入れ、しっかり混ぜ合わせます。

7.  6に小口ねぎを入れ混ぜ合わせて、特製たれを仕上げておきます。

加熱後、耐熱皿をレンジから取り出します。

8.   ラップを外し、特製たれを全体に廻しかければ完成です。

◯パパへのアドバイスと料理のポイント(調理時間:15)

◇電子レンジの加熱は様子を見て調整してください。

◇加熱した耐熱皿はかなり熱くなっているのでミトンなどを使いましょう。

◇えのきだけはていねいにほぐすことで、おいしさがアップしますよ。

豚肉はえのきと交互にして、何層かに分けて盛りつけるのもおすすめです。

“みうママ”のいただきま~す♫

「濃い味つけの特製たれと豚肉がベストマッチで、この組み合わせは大好きです。ごまが凄く効いていて良いアクセントになっています。ご飯のおかずにぴったりですし、冷やしうどんの具にも合いそう。ぶっかけスタイルで楽しめると思います。豚肉は疲労回復に良いと聞いてるので、これからの季節に向いていますね。短時間でできるのも魅力的です。ご馳走様でした♫」

みうママ

あなたが笑顔の時間が好き。
愛情いっぱい、好奇心いっぱい、食欲もいーぱっいの“みうママ”。
演劇や歌の世界からイラスト制作まで、多彩なキャラクターで躍動する2児のママ。パパキャリでは元保育士の特技を活かし、珠玉の絵本の読み聞かせ&紹介コーナーを担当。

 

 

-HOT, 食・レシピ
-, , , , , ,