『レンジでお手軽!チキンのバターカレー煮』~パパのお手軽レシピ #13~

  1. HOME >
  2. HOT >

『レンジでお手軽!チキンのバターカレー煮』~パパのお手軽レシピ #13~

Terry Naniwa

Terry Naniwa

編集・ライター稼業に従事すること30余年。 子育ては卒業も、新米パパ&ママに先人の教えや 大切な伝統を発信することをライフワークに活動中。 明治、昭和、平成と時をこえて今も息づく暮らしの知恵を 届けます。

パパのためのクッキングレッスンの第13回は『レンジでお手軽!チキンのバターカレー煮』です。鶏のもも肉を柔らかくおいしくバターカレー風味に煮込んだ逸品もレンジで簡単に作れます。味つけのコツと鶏肉の下処理さえ覚えれば、パパもすぐに家族が喜ぶメニューがマスターできますよ。お味の評価は「子どもに贈りたい珠玉の絵本」担当の“みうママ”がしっかりジャッジしてくれます。さあ今回の出来映えはいかかでしょうか。

『レンジでお手軽!チキンのバターカレー煮』の材料(2人前)

・鶏もも肉……300g(カット済が便利)

・カレー粉……大さじ3杯(45g)

・プレーンヨーグルト……100g

・砂糖……大さじ2杯(30g)

・にんにく(チューブでOK)……小さじ1杯(5g)

・カットトマト(缶詰)……100g

・バター……40g

・ローリエ……1枚

・水溶き片栗粉……片栗粉:小さじ2杯(10g)、水:大さじ1杯(15cc)

・生クリーム……適量

・盛り付け野菜……お好みで

『レンジでお手軽!チキンのバターカレー煮』のレシピ

1.鶏もも肉をキッチンペーパーに包み余分な水気をしっかり拭き取ります。

2.1で拭き取った鶏もも肉の余分な脂や筋を包丁でていねいに取り除きます。

3.きれいに下処理をした鶏もも肉を耐熱ボウルに入れます。

4.砂糖を鶏もも肉全体にまぶずようにかけ、同じようにしてカレー粉も加えます。

5.4ににんにくを加えてから、プレーンヨーグルトを入れます。

6.鶏もも肉に調味料が馴染むように全体をしっかり揉み込みます。

7.6を10~15分程寝かし、鶏もも肉に味を染みこませてからカットトマトを加えます。

8.全体をしっかり混ぜてよく馴染ませます。

9.バターとローリエを加えて、ボウルにラップをふんわりかけます。

10.電子レンジ(600W)で5分加熱します。(500Wの場合は6分を目安に)

11.加熱後、ラップを外し、ローリエを取り出して全体をしっかり混ぜます。

12.ローリエを戻し、ラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で5分加熱します。

(500Wの場合は6分を目安に)

13.加熱後、そのままの状態で5分程置いて粗熱をとってから、ローリエを外し、

水溶き片栗粉を加えます。

14.とろみが出るまで全体をしっかり混ぜてから、お皿に盛りつけます。

15.お好みで生クリームをかけて完成です。

◯パパへのアドバイスと料理のポイント(調理時間:30)

◇電子レンジの加熱は様子を見て調整してください。

◇加熱した耐熱ボウルはかなり熱くなっているのでミトンなどを使いましょう。

◇調味液のとろみ具合もおいしさのポイントになるので、加熱後の水気具合に応じて

水溶き片栗粉の量を調整してください。

◇時間に余裕があれば、1~8までの調理を前日にしてチャック付保存用ポリ袋にいれて

冷蔵庫で保存しておくと、味がさらに馴染み肉質も柔らかくなりますよ。

“みうママ”のいただきま~す♫

「カレーの辛さが気にならず程良い甘みもあっておいしく食べられます。小さなお子さんでも食べやすい味だと思うので、家族みんなで楽しめそう。今回の試食は鶏もも肉を一晩漬け込んだタイプをいただきましたが、お肉も柔らかく味もしっかり馴染んでいて良かったです。サッと作れば30分程で完成するのも魅力ですが、一晩漬け込むひと手間で、お料理の味もパパの株もグンと上がって、家族も喜んでくれると思います。ご馳走様でした♫」

みうママ

あなたが笑顔の時間が好き。
愛情いっぱい、好奇心いっぱい、食欲もいーぱっいの“みうママ”。
演劇や歌の世界からイラスト制作まで、多彩なキャラクターで躍動する2児のママ。パパキャリでは元保育士の特技を活かし、珠玉の絵本の読み聞かせ&紹介コーナーを担当。

 

-HOT, 食・レシピ
-, , , , ,