新じゃがで作る『パパの肉じゃが』~パパのお手軽レシピ #12~

  1. HOME >
  2. HOT >

新じゃがで作る『パパの肉じゃが』~パパのお手軽レシピ #12~

Terry Naniwa

Terry Naniwa

編集・ライター稼業に従事すること30余年。 子育ては卒業も、新米パパ&ママに先人の教えや 大切な伝統を発信することをライフワークに活動中。 明治、昭和、平成と時をこえて今も息づく暮らしの知恵を 届けます。

パパのためのクッキングレッスンの第12回は『パパの肉じゃが』です。新じゃがのおいしい季節に、豊富に含むビタミンCをたっぷり摂れておいしく楽しめる料理にチャレンジします。電子レンジを使うので材料を切って調味料を入れて加熱すればOKのお手軽料理で、パパでもすぐにマスターできますよ。調味料選びのポイントされ押さえておけばママも子どもの満足の逸品ができあがります。「子どもに贈りたい珠玉の絵本」の読み聞かせ担当の“みうママ”のお味の評価もお楽しみに。

『パパのワイルド肉じゃが』のレシピ

◯材料(2~3人前)

・牛バラ肉……150g(薄切り)

・新じゃが……300g

・玉ねぎ……1/2個

・にんじん……1/2本

・グリーンピース……30g(冷凍)

・すき焼きの割り下……大さじ1杯(15cc)

・醤油……大さじ2杯(30cc)

・酒……大さじ2杯(30cc)

・みりん……大さじ1杯(15cc)

・砂糖……大さじ1杯(15g)

・バター……10g

◯作り方(調理時間:60分)

1. 新じゃがをきれいに洗い、1/6程度の大きさに皮ごと切り、耐熱ボウルに入れます。

2. 玉ねぎは薄めのくし切りにし、にんじんは乱切りにします。

3. 牛肉は予めはぐしておき、まず耐熱ボウルの新じゃがに砂糖(半分の量)をかけます。

4. にんじんと玉ねぎを、耐熱ボウルに入れます。

5. 牛肉を上にのせ、砂糖(残りの半分)を全体にかけます。

6. すき焼きの割り下、酒、しょうゆ、みりんをカップで合わせてから、

牛肉の上からボウル全体に廻しかけます。

7. ラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で8~9分加熱します。

(500Wの場合は10~11分を目安に)

8. 加熱後、ラップを外し、全体をしっかり混ぜます。

9. 再びラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で8分加熱してからラップを外し

全体をしっかり混ぜます。  (500Wの場合は9分30秒を目安に)

10. 用意しておいたグリーンピースをボウルに入れます。

11. バターを加え、再びラップをかけて電子レンジ(600W)で最後の加熱を8分します。

(500Wの場合は9分30秒を目安に)

12. 加熱後、ラップを外し竹串が新じゃがとにんじんにスッと入ればOKです。

 そのまま20分程、味がしみ込むのを待ちます。その間、ボウルの底から

しっかり全体を混ぜるのを数回繰り返しておきます。

13. もう一度、全体を混ぜてから、器に盛りつけ完成です。

◯パパへのアドバイスと料理のポイント

・電子レンジの加熱は様子を見て調整してください。

・加熱した耐熱ボウルはかなり熱くなっているのでミトンなどを使い取り出しましょう。

・新じゃがは、小さめに切る方が、味がしみ込み易くなります。

・この調理方法だと、新じゃがが豊富に含んでいるビタミンCが煮汁などに流れ出ることが

 少ないので、タップリ吸収することが可能です。

 ママの美容にも役立つのですすめてあげましょう。

“みうママ”のいただきま~す♫

「電子レンジだけで作れるのはお手軽で便利だと思います。新じゃがのホクホク感がしっかりあって、おいしいです。甘過ぎず辛過ぎず、ほど良い味で食べやすく、これなら家族みんなで楽しめますね。この調理方法だと新じゃがのビタミンCも煮汁に流れてしまうこともないそうです。美容や疲労回復に役立つ栄養素もバッチリ摂れるので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。ご馳走様でした♫」

みうママ

あなたが笑顔の時間が好き。
愛情いっぱい、好奇心いっぱい、食欲もいーぱっいの“みうママ”。
演劇や歌の世界からイラスト制作まで、多彩なキャラクターで躍動する2児のママ。パパキャリでは元保育士の特技を活かし、珠玉の絵本の読み聞かせ&紹介コーナーを担当。

 

-HOT, 食・レシピ
-, , , , , ,