『パパにもママにもオススメ♫牡蠣の素晴らしい栄養』~子どもと一緒に食を考える #48

  1. HOME >
  2. HOT >

『パパにもママにもオススメ♫牡蠣の素晴らしい栄養』~子どもと一緒に食を考える #48

Terry Naniwa

Terry Naniwa

編集・ライター稼業に従事すること30余年。 子育ては卒業も、新米パパ&ママに先人の教えや 大切な伝統を発信することをライフワークに活動中。 明治、昭和、平成と時をこえて今も息づく暮らしの知恵を 届けます。

カキフライ、カキグラタン、土手鍋など冬場に人気が集まる牡蠣料理♫ノロウイルスによる食中毒が怖いと考えている方もいるようですが、食べ方を間違えなければ問題ありません。何より牡蠣はおいしさだけでなくパパにもママにも嬉しい栄養がタップリの食材なのです。今回は牡蠣の素晴らしい栄養に迫ります。

食用の牡蠣は瀬戸内海の養殖が主流

日本の沿岸で獲れる牡蠣は20数種類で、小形なものや深海種を除いては昔から食用とされてきました。ただ、食中毒防止の観点から現在の市場に流通している大半は養殖されたマガキになります。このマガキは日本の沿岸の岩礁にふつうにみられる牡蠣で、大きさは殻長4cm、高さは7cmほどです。北海道産のものは貝殻が大きく、ナカガキ、エゾガキとよばれますが本州産のものと同じマガキです。

最大の産地である広島県では江戸時代中期から養殖されていたとの記録がありますが、大正時代に垂下式養殖法が開発されて全国的に普及し生産量も飛躍的に上がりました。令和2年の養殖収穫量は全国で158,900トンあり、トップのは広島県が96,000トン、続いて宮城県の18,200トン、そして岡山県の15,300トンとなっており、瀬戸内海が日本の牡蠣の養殖の2/3を占めているのです。

すばらしい牡蠣の栄養①

ではパパ・ママの健康に役立つ牡蠣のすばらしい栄養を紹介していきましょう。最初は亜鉛です。牡蠣には100g中、亜鉛が14.0mg含まれています。亜鉛はたんぱく質の代謝を助ける酵素の成分のひとつで、新陳代謝を助けてくれるので、肌や髪などを健やかに保つ働きがあります。ママのきれいな肌や髪を守るためにも、しっかり摂取したい栄養ですね。加えて亜鉛には、味を感じる味蕾(みらい)の働きを促進したり、風邪対策につながる免疫機能を助ける効果も期待できるのです。

次に注目したい栄養は鉄分です。牡蠣には100g中、鉄が2.1mg含まれています。鉄は、赤血球に含まれるヘモグロビンという成分の材料となるので、しっかりと鉄を摂ることで、貧血対策に役立ちます。こちらもママには大切な栄養と覚えておきましょう。そして、赤血球は体中に酸素を送る働きがあるので、鉄が不足してしまうと体に必要な酸素がいきわたらず、疲れやすくなったり頭痛につながったりします。こうした症状を防ぐためにも、鉄分は欠かせない栄養なのです。

すばらしい牡蠣の栄養②

次はビタミンに目を向けてみましょう。牡蠣に含まれるビタミンの中で特筆されるのがビタミンB12です。牡蠣には100g中、ビタミンB12が23.0μg含まれています。このビタミンは赤血球中のヘモグロビンを正常に作り出す働きがあります。そうママをはじめ女性の貧血対策に有効な栄養素なのです。また、ビタミンB12は神経細胞の表面の膜を作ることにも関係しており、脳が正常に働くサポートもしているのです。

締めくくりはタウリンです。牡蠣には100g中、タウリンが1,130mg含まれています。タウリンは貝類に多く含まれており、体内のさまざまな生理作用に関わる成分です。たとえば血圧の維持や、コレステロールや中性脂肪の代謝のほか、肝臓の健康維持にも役立っています。「タウリン◯◯◯mg配合」と謳っているドリンクがお馴染みですね。

牡蠣の食中毒を防ぐには

亜鉛からタウリンまで、文字通り「海のミルク」と呼ばれる牡蠣のすばらしい栄養は理解しても、食中毒が怖いと思っているパパ・ママも少なくないようです。牡蠣の食中毒は主にノロウイルスによって起こりますが、その対策をしっかり行えば、大丈夫という点を理解しておきましょう。

一番のポイントは、生で食べる場合は加熱用の牡蠣ではなく、必ず生食用を食べることです。生食用は、細菌数をはじめとする規格基準が満たされているほか、殺菌のための洗浄が行われています。加熱用はこのような処理がされていないため、生食はNGなので、この点が何より気をつけましょう。そして加熱用の牡蠣はしっかりと加熱することが重要です。85度以上で60秒加熱するのが大原則です。お家で、カキフライやカキグラタンを作る時は牡蠣の中心部の温度を料理用の温度計で計るように気を配れば安心ですよ。

温まる牡蠣料理で冬をおいしく過ごしましょう

にんにくがタップリ効いた牡蠣のアヒージョ、牡蠣のクリームシチューやグラタンなど、これからの寒い季節には芯から温まれる牡蠣料理が喜ばれることでしょう。家族みんなでわいわいと話しながら、パパにもママにも魅力一杯の牡蠣の栄養をしっかり摂って、元気に冬を過ごしてくださいね。

【参考文献】

※『おいしい牡蠣の本』|笠倉出版社2016年刊

※『からだのための食材大全』|株式会社NHK出版2016年刊

-HOT, 食・レシピ
-, , , , ,